秋田駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

Akita_Station_east_exit_20130923

竿燈まつりを始めとしたさまざまなな郷土芸能や伝統の祭りなども魅力の、豊かな自然に恵まれた観光都市・秋田市。

新幹線・スーパーこまちのデビュー以来、アクセスも格段によくなり、訪れる人も急増している、東北日本海側最大の中核都市です。

もちろん、その玄関口・秋田駅は県内で最多の乗降人数を誇りますが、やはり気になるのが駅周辺での駐車場のこと。

そこで、秋田駅周辺の駐車場事情について、おさらいしました。

Photo by 掬茶 / CC 表示-継承 3.0

※2018年度版(2018年9月3日再調査)

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

秋田駅の駐車場で最大料金が格安なのは?

秋田新幹線「こまち」の終点駅として、観光客や長距離移動者の拠点駅とも言える秋田駅。

郷土の風土をモチーフにデザインされた美しい橋上駅舎には、西連絡自由通路・ぽぽろーどもつながり、快適さも抜群の玄関駅です。

また駅周辺も、最近駅ビル「トピコ」や「秋田OPA」なども開業し、秋田の魅力を駅近で堪能できるショッピングスポットも加わり、多くの人で賑わう市街地。

また付近へは、2019年をめどにABS秋田放送の移転や、体育施設・JR秋田ゲートアリーナ(仮称)の開設などが決まっており、利便性が高まる開発も不断に続けられています。

特に、郷土芸能や史跡、グルメと魅力満載の観光都市・秋田市の各スポットへは徒歩でも行ける範囲が多いので、電車でのアクセスもおすすめですが、マイカーで訪れる方も多いでしょう。

そんな秋田の中心エリアには、観光都市として駐車場の数はある程度確保されており、大きめな駐車施設もそこそこ揃っています。

最近では西口前の平面スペースに加え、200台超の秋田駅西口駐車場ビル(33.トピコ・アルス第1駐車場)もリニュアルオープンするなど、駅周辺の駐車スペースも増えているので、人気の祭りやイベント時でもない限り、週末でも空きスペース探しで苦労することはあまりないはず。

とは言え、キャパシティはともかく、料金的には上限金額がなかったりするので、駅近などでは注意しないと高く付いてしまう恐れも・・・。

なので、混雑する観光シーズンのオプションとしてだけでなく、周辺パーキングの駐車場事情をおさらいしておくに越したことはないでしょう。

そこで、秋田駅周辺のパーキング一覧が以下のとおりになります。※紺色のアイコン

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

秋田駅から1km以内、徒歩で10~15分程度の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

ご覧の通り、住宅街が広がる西口側には駐車場はほとんどなく、ほぼ全てに近いスペースが繁華街や観光スポットがある東側に集中します。

ただ、前述のゲートアリーナなど東口有効利用の開発も進められており、その影響で新幹線利用者に特化した駐車場(こまち駐車場)などは終了したものの、パーキング事情も拡充傾向になるはずです。

料金的には、ばらつきや平休日の料金格差も少なく、相場も利用しやすい市街地であり、1時間あたりではほぼ200円(平均212円)、日中の最大平均も686円と千円をだいぶ下回ります。

そこで車を置いて鉄道利用したり、市街地でゆっくり散策・行楽する際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを拾ってみると、

<休日のみ>

17.タイムズ秋田中通第4(12台/土日祝 08:00-17:00 最大料金¥500

<平日・休日とも>

7.リパーク秋田千秋久保田第2(30台/08:00-18:00 最大料金500円

35.リボパーク秋田駅前駐車場(28台/08:00-20:00 最大料金500円

46.リパーク秋田千秋久保田第4(29台/12時間最大500円

47.リパーク秋田千秋久保田第3(39台/24時間最大500円

なら、ワンコインで駐めておけるパーキング。

いずれもある程度の収容台数がありますし、駅との立地も悪くありません。

また空き状況がわかる大手運営スペースも多いので、情報を確認しながら活用するといいでしょう。


スポンサードリンク

秋田駅の駐車場で時間料金が安いおすすめや穴場は?

周辺にはショッピング店舗はもちろん、医療・金融など各種施設も多いので、お出かけや観光利用のみならず、仕事や地元での生活利用で来る方も多い秋田駅周辺。

そんな際は、打止め料金より、時間単価が安い方が助かりますが、1時間あたりが手頃なパーキングをみると、周辺相場はほぼ1時間換算で200円程度。

ただ、前述のように上限500円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かるのも事実。

そこで、時間料金が格安なところもピックアップしてみると、

27.パラカ秋田市中通第3(46台/終日40分100円

31.南通一区共同立体駐車場(53台/07:30-18:00 2時間まで100円以降30分毎50円

38.金子ビル中通駐車場(16台/08:00-19:00 最初60分100円以後30分100円

39.エリアなかいち駐車場(507台/終日1時間100円

48.パークステーション秋田中通り第2(35台/終日 60分100円

なら、1時間換算で200円を切るパーキング。

例えば駅までは700m強の距離がありますが、千秋公園や秋田県立美術館などなかいち施設の散策には最適の39は、ピップアップ中最多クラスのキャパシティがあり、穴場と言えるでしょう。

ちなみにこの駐車場は、最初の30分が無料なのも嬉しい、経済的なスペースです。

ちなみに駅至近でのちょっとした用足しや送迎・待ち合わせの際は、

32.JR秋田駅駐車場(55台/最初の30分無料

33.トピコ・アルス第1駐車場(228台/最初の30分無料

が、便利です。※32は改修予定あり

特に冒頭で紹介した、リニュアルされたばかりの33は買物割引もあるので、最近では秋田駅近郊で核になるスペースと言えるでしょう。



秋田駅の駐車場で泊りや連泊・予約ができるのは?

新幹線乗り入れ駅として広域移動利用も多くで、仕事や旅行に泊まりで出かけるケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

秋田駅における新幹線こまち利用客用のパークライド駐車場は、残念ながら営業終了してしまいましたが、一般的なコインパーキングでも繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能です。

条件に合うパーキングで、なるべく手頃に長く駐められるところを挙げると、

9.リパーク秋田駅東口(18台/48時間で1400円

13.タイムズ秋田中通(40台/24時間最大600円

14.タイムズ秋田中通第2(38台/24時間最大600円

42.タイムズ秋田中通第3(16台/24時間最大600円

は、48時間(1泊2日程度)までは駐められるパーキング。

もし2日以上の長めに駐める必要があれば、

28.リパーク秋田中通2丁目第6(15台/7日間計算7000円

43.リパーク秋田千秋久保田第5(12台/7日間計算7500円

のわずか2箇所ではあり、少し高くもなリますが、最長7日間まで駐車可能のパーキングでした。

日数に応じて、長期出張や旅行の際に覚えておくと便利でしょう。

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する駅周辺でも最適の選択肢と言えます。

まだ秋田駅周辺ではあまりありませんが、近年急速に普及しつつあり、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

秋田駅の周辺で予約できるB-Times駐車場

秋田駅の周辺で予約できるakippa駐車場

竿燈まつりの駐車場で無料や予約できるのは?

秋田の夏の一大イベントといえば、何と言っても東北3大祭りのひとつ「竿燈まつり」をおいて他にありません。

そこで、そんなお祭りの際の駐車場についても、少しだけふれてみましょう。

「秋田竿燈まつり」は毎年、8月3日~6日にかけて多くの人が詰めかけ、盛大に開催されます。

市内は交通規制もかかり、終日混雑が続くのも例年のこと。

前述の一般パーキングの他にも、期間中はマップでも示した無料駐車場が用意される予定です。黄色のアイコン

akitamaturiPK1※過去実施例参考

ただ、注意点は予約制なことであり、竿燈まつり実行委員会事務局(TEL018-888-5602)に電話で予約する必要があります。

もちろん無料駐車場は、どこも早くから満杯状態は必死であり、アクセスは電車などがベストですが、車の方は記事なども参考に、早めに確保することをおすすめします。

おそらく、選り好みをしなければ、今回リストアップしたエリア内で全く駐められないということはないはずです。

まとめ

県庁所在地の都市としては、少し交通手段が少ない秋田市は、自動車で移動するライフスタイルが主流。

その分、駐車場のリソースやスペックは、運転する方に不便がないエリアとも言えます。

ぜひ、こんな記事も、目的や用途にあったベストマッチの駐車場探しの参考にしてみてください。

※ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。