グラバー園の駐車場で安い・近いおすすめがわかる完全マップガイド!

242b71684c3ccb8676257c3d63651672_s

長崎観光の中でも、ハウステンボスがある佐世保エリアと並んで、スポットが目白押しで人気の長崎市周辺。

中でもグラバー園や大浦天主堂は、老若男女に親しまれる異国情緒あふれる観光名所です。

ただ人気の散策スポットなので、気がかりなのは行楽シーズンなどでの駐車場のこと。

そこで、グラバー園や大浦天主堂周辺の駐車場事情について、おさらいしてみます。

※2018年度版(2018年7月1日再調査)

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

グラバー園の駐車場で近いおすすめやアクセスの注意点は?

1974年の開園以来、長崎の歴史の1ページを象徴する観光名所として、若者から年配の方まで幅広い層に親しまれているグラバー園。

長崎港を眺望できる南山手の高台で3万平方メートルの園域を有し、イギリス人商人グラバーらの旧邸など歴史を物語る文化財建物がロマン情緒あふれる名園です。

近年ではハート型の敷石を探す恋愛成就のスポットでもあり、また最近でも隣接する大浦天主堂が「潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録が決まるなど、話題の絶えない人気エリアです。

<グラバー園 基本情報>

住所:長崎県長崎市南山手町8-1
TEL:095-822-8223
休園日:無休
開園時間:8:00~18:00(受付は閉館20分前まで)
※ライトアップ等夜間延長あり
入園料:大人610円 高校生300円 小中学生180円
公式ホームページ:http://www.glover-garden.jp/

<大浦天主堂 基本情報>

住所:長崎県長崎市南山手町5-3
TEL:095-823-2628
休園日:無休
拝観時間:8:00~18:00(受付は閉館15分前まで)
入園料:大人1000円 中高校生400円 小学生300円
公式ホームページ:http://www1.bbiq.jp/oourahp/

グラバー園や大浦天主堂には、専用の公式駐車場がないので、いきおい周辺のコインパーキングを探すようになります。

後述のように、2~300m・徒歩5~10分のスポット近隣は、かなり駐車場が少ないエリアであり、そのため車でいきなりグラバー園や大浦天主堂付近にアクセスすると、選択肢がかなり限られてしまう事になります。

以下の図をご覧いただくとわかるように、ノープランで近くまで行くと遭遇する駐車場は、主にこの4箇所。

gurabakoumin

・公営駐車場~1時間¥290 以降30分毎¥140

・民営駐車場~1時間毎¥500

料金差は別として、人気観光地としては特別高額というわけではありませんが、旅行の口コミでも多いのが、よくわからないまま誘導されて入ってしまうケース。

あとで高くついたと後悔するレビューが多いのが事実です。

また、寄せていただいた情報によると、鍵を預けてもロックされていないなど、セキュリティ面でも問題があるようです。

もちろん駐車キャパが少ない周辺事情では、いずれの駐車場も貴重なスペースであり、何より近いというメリットを優先したい方も多いはず。

情報を把握した上で自分でコントロールできれば、せっかくの楽しい旅行の後味も悪くならないので、上記の事情も想定内としてお出掛けください。

ちなみに、前述の民営や公営の4箇所に加えて、比較的近くにもコインパーキングは少しあり、以下がその一覧マップになります。※緑のアイコン

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

グラバー園前のメインエリアは、前述の4箇所に加えて数軒程度しかありませんが、長崎電鉄線路の逆側に行けばパーキングがいくらかあるので(122025など)、線路を超えないようにアクセスするのもひとつの手。

また、長崎電鉄路線前の大浦石橋通りを南東にしばらく行った先にも、5箇所程度(711)安めの駐車場があり、後述のグラバースカイロードから入園すれば500m程度の距離になるので、混雑時には十分選択肢にはなります。

やはり、どうしても週末や行楽時期にはグラバー園至近のパーキングは満車率が高くなるので、少し歩くことを考慮した選択肢も用意して出かけたいところ。

また、前述のように料金などのスペックを自分で把握して駐められるように、おさらいしておくのも大切な準備になるでしょう。


スポンサードリンク

グラバー園の駐車場で安い料金のおすすめは?

そこで、以下がグラバー園周辺のパーキング一覧になります。※緑のアイコン

駐車場選びは、その観光エリアの標準的な見学時間が目安になりますが、長崎市には観光スポットがたくさんあるものの、この界隈に限れば「グラバー園」と「大浦天主堂」がほぼメイン。

その観光所要の平均時間は、大浦天主堂が15分~30分とそれほどの時間は要しません。

ただグラバー園に限れば中は意外に広く、また坂も多いので、ゆっくり見学すると1時間~2時間くらいかかります。

周辺にたくさんある土産店を覗きながらの散策も入れると、合計で3時間といったところでしょうか。

ちなみに料金的には、1時間換算でほぼ200円(平均245円)、日中の最大料金は平均1915円といった相場エリア。

そこで、そんな所要時間を手頃に駐めておけるパーキングを拾ってみると、

16.長崎水辺の森公園(南)(17台/08:00-18:00 2時間まで30分50円 2時間越~30分150円

17.長崎水辺の森公園(北)(21台/08:00-18:00 2時間まで30分50円 2時間越~30分150円

18.松が枝ターミナル駐車場(60台/08:00〜20:00 30分50円

大浦海岸通りから海側に広がる2箇所の県営駐車場(1415)は、収容力に優れるものの料金的にはそれほど安いとは言えません。

ただその奥にある1617は、収容力こそ劣るものの2時間までは最安であり、3時間程度ならこのエリアでもかなり手頃に済むスペース。

いくぶん遠くはなりますが、その分穴場的な立地でおすすめです。

また18は、日中を通して1時間換算で100円の最安スペース。

ただ、客船ターミナル施設ゆえに注意点があり、それは入港日の前日の18時~離岸後1時間は利用できないことです。

平成30年度入港閉鎖参考例

7月 1日 (日)18時 〜 7月 3日 (火)17時迄
7月 4日 (水)18時 〜 7月 9日 (月)21時迄
7月10日 (火)18時 〜 7月12日 (木)21時迄
7月14日 (土)18時 〜 7月21日 (土)23時迄
7月22日 (日)18時 〜 7月24日 (火)19時迄
7月27日 (金)18時 〜 7月29日 (日)29時迄

公式ホームページより

公式サイトで客船入港スケジュールを確認した上で、利用できるようなら活用してみてください。

長崎観光の散策拠点の駐車場を探したい方もいると思いますが、このエリアは上限設定がほとんどない上に料金もかなり割高です。

6.TOP24パーキング大浦海岸通り(9台/08:00-20:00 最大料金¥800)

のような格安なところはありますが、あまり終日駐めておくのに適したエリアではありません。



グラバー園のアクセスで中華街の駐車場は?

グラバー園周辺での駐車場の密集地で次に候補になるのは、出島・長崎新地中華街エリア。

距離的にも1km程度なので、大人の足なら15分程度で十分向かえる距離です。

なんと言っても中華街なので、有名な中華飯店・江山楼などでランチも計画できますし、名物のチンチン電車でグラバー園に向かう、一種のパークアンドライドもできるポイント。

長崎といえば、どこまで乗っても120円という、このおしゃれな路面電車をイメージする人も多いと思うので、観光プランとしても最適です。

また、このエリアは出島観光も含めることができるので、ここを拠点にすれば観光の幅も広がって、かえっておすすめかもしれません。

なお、マップは共用で作成していますが、出島・中華街の周辺パーキングについては、以下の記事を参照ください。※青色のアイコン

それから、これは駐車場のこととは関係ありませんが、裏ワザをひとつ。

もし路面電車でグラバー園や大浦天主堂に向かうなら、最寄りに見える「大浦天主堂下」で降りないで、一つ先の終点「石橋」で降りるのがベスト。

何故かと言うと、標高450mにあるグラバー園に楽に登れる「グラバースカイロード」の乗り場入口が近いからです。

この名物の斜行エレベータに乗れば、しんどい登りもカットしつつ、珍しい乗車体験もでき、おすすめです

gurabasky

まとめ

長崎市観光は、坂道の多い市街地にあるスポットが多いため、マイカーでのアクセスが苦戦するエリア。

道が狭く込み入っており、また一方通行も多いので注意が必要です。

グラバー園などがある南山手地区は、比較的南のはずれであり、少し運転も楽ですが、大浦天主堂の世界遺産登録で、さらなる賑わいが予想されます。

ぜひ記事も参考に、余裕を持ったアクセスで楽しんできてください。

※ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    グラバー園の麓の民間?の駐車場はやめた方がいいです。機械で精算するタイプの駐車場に停めようとしたら笛を吹きながら他の所に誘導されました。係員が駐車場まで運ぶタイプだったので預け、グラバー園へ向かいました。後で分かったのですが車のドアのロックはされておらず、車の鍵も中に乗せたままでした。防犯意識が非常に低いです。

    • Ichigo Ichie より:

      匿名様

      ご訪問ありがとうございました。
      併せて、貴重な情報をお寄せ頂き感謝します。

      記事でもふれてある通り、せっかくの旅行で
      残念な思い出になってしまう方も多いようですが、
      セキュリティ面でも問題があるのですね。

      記事にも加えて、注意喚起させていただきました。

      情報に感謝しますとともに、また機会がありましたら
      ご訪問いただければ幸いです。

      苺の一枝管理人

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。